斑鳩の里 皇 宸


美しい彫金細工を独特の発想で駆使、
その独創的で重厚かつ美しいフォルムで人気のシリーズです。

三代目 皇宸三代目
皇 宸
(いかるがのさと こうしん)

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を生んだ尾張三河の地にて、尾張甲冑の伝統を守る唯一の甲冑師。24年の修行期間を経て、平成26年に三代目皇宸を襲名。重厚で優美な彫金細工を使った甲冑作りを得意としている。



■B-7891
桜雅 赤糸威 鎧
皇宸作
(幅70×奥行50cm)


■B-7888
白銀伊達 白糸威鎧
皇宸作
(幅59×奥行37cm)


■B-13-1
上杉謙信鎧
皇宸作
(幅45×奥行39cm)


■B-10-2
華の慶次鎧
皇宸作
(幅67×奥行53cm)


■B-5378
白銀龍鎧
皇宸作
(幅64×奥行42cm)

※掲載の商品以外にも多数取り揃えております。
※仕様は予告なく変更になることがございます。
※上記作品の展示期間、在庫に関しまして詳しくはお問い合わせください。